便利

クレジットカードの使い方

「クレジットカードの使い方」
クレジットカードが郵送されてきて、使う前にまず1番最初にやらなければならない事があります。
それは、カードの後ろにサインを記入する事です。
きちんと、サインを書く場所があるので、油性ペンやボールペンなどを使ってきちんと記入するようにしましょう。
後ろに書いたサインは、買い物をする際にずっと使うことになるサインです。
ひらがなでも、英語でも、漢字でもなんでもいいのですが、自分にとって1番書きやすいサインにするといいですね。
こちらにクレジットカードの種類についてかいてありますのでご覧ください。

サインが書けたら次は、実際に使ってみましょう。
でもまず確認しなくてはいけない大事な事があります。
それは、買い物をするお店がクレジットカード対応のお店かどうかです。
クレジットカードを取り扱うお店は増えてきているものの、まだまだ取り扱っていないお店もあるので要注意です。
「VISA」や「JCB」など、カード会社も決まっている事がありますので、よく確認するようにしましょう。
使えなかった場合には、現金で支払う事になってしまいます。

海外などの旅行先で使えないとなると大変なので、海外旅行でも使えるクレジットカードを一枚持ていると便利です。

クレジットカードを使う時には、2通りの使い方があります。
それは、サインを記入する場合と、暗証番号を入力する場合の2通りです。
サインは、カードの裏側に記載したものと同じサインを記入します。

店員さんからは、支払い金額と支払い方法の確認をされます。
支払い方法というのは、一括払いか分割払いかになります。
金額も支払い方法も、とても大切なのできちんと確認するようにしましょう。
そしてサインをして完了です。
レシートは、自宅で処分するようにしましょう。

暗証番号での支払いは、クレジットカードを作った時の4ケタの数字を使います。
暗証番号は、どこで誰が見ているか分からないので人から見えないように注意をはらって入力するようにしましょう。
入力したら確定ボタンを押して完了です。

クレジットカードの暗証番号を忘れてしまった場合はサインで対応してもらえるので、気軽に店員さんに伝えましょう。
金額が少額の場合、サインも暗証番号も求められない事があります。
しかし、これはその場での対処法であり、根本的な解決はできていないのでコールセンターに電話して解決策を聞きましょう。
また、 クレジットカードの使用可能額については、こちらのサイトを是非ご覧になってみてください。
Copyright(c) 2011 カードを選ぶなら! All Rights Reserved.