便利

審査方法ってなに?

「審査方法ってなに?」
クレジットカードを作る時には、当然ですが審査があります。
せっかくクレジットカードを作ろうと思っても、審査に通らないと作る事ができません。
審査をぶじに通過できるように、きちんと審査方法を知っておくといいですね。
審査方法はいくつかあります。
こちらに発行会社別クレジットカードの種類がありますのでこちらも知っているとよいでしょう。

1つは、申し込み用紙への記入の仕方です。
記入欄へきちんと記入ができていない、雑でいい加減なものは審査が通りません。
例えば、記入漏れがあったり、誤字脱字、電話番号の間違いなどといった点が挙げられます。
審査を行う立場からしたら、記載漏れや電話番号の間違いがある事に関しては、本人確認ができないので、審査を通す訳にはいきません。

もちろん誤字脱字に関しては、あまりに多いと申込者の性格をも読み取られます。
こんな些細な事で、クレジットカードが作れないのは悲しいですね。
申し込み用紙は、きちんと記入をしているか見直しをしてから送るようにしましょう。

2つ目は、一定の基準に達していない場合です。
クレジットカードの審査をする時に、重要視する項目として、勤務年数、年収、居住年数の3つです。
この3つの項目では最低ラインというのが設けられています。
この一定の基準に達していないと、審査が通らない事が多いです。

3つ目は、申し込み者の信用情報が重用しされます。
というのも、申し込み者が他の金融機関での借り入れを既にしているとします。
その情報というのは、情報機関によって登録されています。
なので、それまでに支払いの遅延があったりすると、それらの全ての情報がクレジットカード会社へ知れ渡ることになります。
支払いの遅延があまりにも多いと、支払いが困難であると判断されてしまい、審査が通らないのはいうまでもありません。

このように、クレジットカードを作る時の審査というのは、申込者の人間性や、信頼出来るかどうかをチェックしているのです。
クレジットカードといった金銭の関わる物を作るわけですから、この審査というのは当然ですね。
きちんと、審査に通るように申し込みをしましょう。
こちらにクレジットカードを作るときの審査に落ちないようにするポイントについてかかれていますので参考にすると良いでしょう。
Copyright(c) 2011 カードを選ぶなら! All Rights Reserved.