便利

カードを利用した犯罪に注意!

「カードを利用した犯罪に注意!」
クレジットカードを使った犯罪には、いくつか種類があります。
最も多いのは、盗難による犯罪です。
クレジットカードを車に置きっぱなしにしていて、車上荒らしにあうといったケースが多いといわれています。
クレジットカードがこのように適当に扱われる事で、このような被害に遭ってしまいます。

お金とクレジットカードは同じです。
むしろ、いくらでも使えてしまうクレジットカードの方が怖いです。
気をつけましょう。

次にスキミングという方法です。
スキミングというのは、カードの磁気情報を読み取り、それをコピーして使用する方法です。
このスキミングは簡単に作り出す事ができます。
被害に遭った人は、全く気づかずに請求書が来て初めて気づくケースが多いです。

海外や、風俗店、マッサージ店など、洋服を脱ぐような場所でよく被害に遭う人が多いです。
他人に貸したりするのは、もっての他です。
危険なので絶対にやめましょう。

次はワイヤータッピングという方法です。
これは、カード会社とお店で決済をする際に行う通信を盗聴をする事で、個人情報を盗み出し、コピーを作りだすという方法です。
日本ではセキュリティがしっかりしている事もあり、被害の報告は少ないですが、海外にいったりするとワイヤータッピングの被害は多いそうです。

次はフィッシング詐欺という方法です。
これは、インターネットの普及率が上がる今急激に増えてきています。
フィッシング詐欺とは、カード会社を装ったメールを送りつけて来て、そのリンク先などから個人情報をあっという間に盗み取るのです。
ご利用中のカード会社からメールが届いてもむやみに、リンク先をクリックするのは危険です。

そして最後は、クレジットマスターという方法です。
この方法は、いくつかのカード番号を大量に作成し、その中で実際に利用できる番号を探し出すという方法です。

このように、クレジットカードを使った犯罪は世の中にありふれています。
しかし、きちんと管理していたらクレジットカードを使う事を怖がる必要はありません。
気をつけましょう。
海外への旅行などの時の何かトラブルに巻き込まれたら怖いですよね。
そんな海外旅行にも安心な十分な保険がついているクレジットカードがあるそうなので
そちらについてはこちらのサイトをご覧ください。
Copyright(c) 2011 カードを選ぶなら! All Rights Reserved.